白石商店からのお便り

旧古城小学校 (リニューアル)

 

2000年から始めた『門司港 懐かしの路』を再掲載しています。写真は初掲載時のままですので画質が荒いのはご了承下さい。文章・内容もほぼ当時のままですのでお気をつけ下さい。では懐かしい写真をどうぞご覧下さい。

甲宗八幡神社横から旧古城小学校へ登る路。お店は森實商店。

正面が旧古城小学校。現在は、港が丘小学校古城校(移行期間のみ)。この登り坂はけっこう急ですね。

正面玄関の校章。取材の日は閉校準備で数々のトロフィーなどは片づけられていました。

古城小学校は清見小学校と、この平成13年の春、旧港中跡地に建てている新校舎の港が丘小学校に統合されます。

手洗い場。この高さと風合い。蛇口にぶら下げられた石鹸が記憶を小学校時代に戻らせます。

保健室前の廊下を生徒が雑巾がけしていました。木製の扉に木製の窓。懐かしいですね。

案内していただいた加来校長先生と旧古城小学校で学んだ最後の生徒達。みんな挨拶をしてくれました。
木の廊下もとてもきれいで何もかも気持ちよかったです。

階段に生徒の大きな作品が飾られてました。一人一人がいい顔ですね。

1年1組で帰りのホームルームがあってました。最後の入学生の教室には卒業式の為か、学校にありがとうの意味か手造りの飾りがかかっていました。
校舎は北九州市埋蔵文化財収蔵庫として利用されます。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP