白石商店からのお便り

超特大あじ、安定の美味しさだった~

できたてを送る、『幸せの干物セット』の写真撮影を終えて、早速レポート用に焼いてみました。

まず、焼く前に中まで常温に戻して予熱した魚焼きグリルに。
この時、水を張るタイプならグリルの後片付けを楽にする為に、水200ccに対して片栗大さじ4杯をよく溶いて入れましょう。
冷めると脂を閉じ込めたまま固まって、剥がせるので便利ですよ。

このくらい大きなサイズになると、脂はたっぷりなので焼き加減もさほど気にしなくても美味しいのですが、いい焦げ目がついたら、中まで火を通すのは余熱、または弱い火で仕上げる練習用にしましょう。

焼きすぎはやはり味を落とします。

あとは、熱々を食べるだけ!
身も大きく取れるし、魚が大きな分、骨のある場所を教えるのにも最適だと思います。

青魚のしっかりとした味、塩加減も優しく、何をつける必要もありません(お好みによりますけど)
これなら、子供も喜ぶはず! 魚好きになること間違い無し。と、思うんですけど・・・笑。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP