白石商店からのお便り

人気の『塩さば』を食べてみた・・・続き。

前回途中で終わっていた『塩さばを食べてみようと焼いてたら』の続きを早く書かなければと思ってたのに、別の仕事が忙しくて遅くなりました。

さて、前回は網にのせて直火で焼いてて、すごい脂のりに「ファイア~」してましたが※その映像はこちらhttp://www.shiraishi-shouten.co.jp/tabeta/siosaba/

写真を撮ってたので、ちょっと焼きすぎてるかもしれませんがまあなんとか。

脂のりの特別いい干物は、焼いてるのを忘れてなければ少々焼きすぎてもOK! その逆で、淡白な連子鯛や小あじ、うるめ丸干しは火加減しだいで味が変わってしまうので要注意です。

 

基本はどれも、最後は余熱で中まで火が通る位の焼き加減が最高に美味しいですから、そこはもう経験です。

魚の種類・大きさ(厚さの具合)で火加減を決めてくださいね。

焼きあがったら、熱いうちにすぐ食べましょう!

つい、美味しそうだったので写真を考えずに食べちゃいました 笑。

『お客様の声』でも評価の高い『塩サバ』。「美味しいのないかな~」と探しているなら、勇気を出して買ってみて下さいね。

送料込み3780円『旨い塩サバセット』はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事一覧

PAGE TOP